フードロス、年間612万トン。


これは日本の数字です。


世界中の飢餓の方々への必要援助量は390万トン。


日本のフードロスの量が伝わったと思います。


日本の貧困も問題ではありますが、食品、食べ物は余る程溢れています。


飽食の時代とか言われています。


人は余る程あるものを大切に扱いますか?


昔の食べ物が貴重だった時代は食品を決して無駄にしたり粗末にしたりしませんでした。


数が少なく貴重だったからみんなが大切に扱う。


増えた動物は駆除します。


減った動物は保護します。


食べ物は需要と供給のバランスがおかしくなっている。


その結果、粗末な扱いを受ける。


お金はどうだろうか?


ハイパーインフレになったら粗末に扱われます。


デフレの今はお金がすごーく大切に扱われています。


お金も食品もそこそこ大切にされるくらいのちょうど良いバランスが良い。


足りなくても困る。


ありすぎても価値が下がる。


市場にお金が回っていない。


市場に食品が回りすぎている。


さぁみんなで考えましょう。

FullSizeRender