看護師になって良かったことをポジティブに綴っていきたいと思います。


これからなる方も現役の方も読める内容になっています。


さっそく。


1.女性が社会で活躍している場面を間近で見ているため男尊女卑のような考えにはならないこと。


まだまだ日本は男性優位な社会構造であることは間違いないです。


国民の代表の国会議員の大半も男性ですね。


性別関係なく他者をリスペクトして生きていけるようになりました。


2.年齢は関係ないって思えること。


様々な年齢の看護師が存在しますが年数関係なく素晴らしい才能を持っている方がたくさんいます。


そのため全員に対して敬語で接するようにしています。


仕事外でも様々な人に対して尊敬の念を持てるようになりました。


3.様々な種類の職場がある。


整形外科、脳神経科、耳鼻科、心療内科etc...


病院、クリニック、介護施設、美容、訪問etc...


看護学校教員、保育所、検診、献血etc...


転職も簡単です。色々な経験ができました。


色々な経験をして視野が広がりました。


たくさん経験しませんか。


4.本気になったらトコトン学べる。


この治療はどんなだろう?


この病気はどんなだろう?


個人差はどんなもんだろう?


この薬ってどんなだろう?


診療報酬どうなってんの?


世界と比べるとどうなの?


あの人の言ってることはホントかな?


5.社会になくてはならない仕事だと思えた。


極論、私はこの世界からタピオカが消えても本当に困りません。


医療がなくなったら本当に困る人はたくさんいます。


シンプルに医療機関なしで社会は成立しません。


偉いとかは全くありませんが必要不可欠である仕事に携わっていることもモチベーションの一つになっています。


以上の5つ。私が看護師になって良かったと思ったことを簡単に綴ってみました。


実際にリアルタイムで従事している人間のすごくリアルな意見として捉えていただけたらありがたいです。

RD2020322G066_TP_V