前を向くことは意外と難しい。優しく言うなら、毎日時間が経過しているだけで前に進んでいるということでも十分。でも、これと思考停止は非常に近い距離にある。目標も目的もなく毎日を送る虚しさほど悲しいものはありません。なんでもいいから目標を持ちましょうも無意味。 ... もっと読む

いわゆるコロナ禍と呼ばれる期間がおよそ1年経ちます。落ち込んだり、不安だったり、苛立ちだったり、色々な感情とともにあったと思います。良い変化もあれば、悪い変化もあったと思います。感染対策が良い方向に動いた。今までは少し緩すぎたと個人的には感じています。今 ... もっと読む

人はある程度、承認欲求があったほうが良い。頑張りを認められたい。努力が実りますように。頑張りを認めてもらえなかったり、努力が実らないぬるま湯の日々が続くと、人は誰かから認めてもらえなくても別にいいや、となる。承認欲求の塊も問題だが、承認放棄もまた怖い。ぬ ... もっと読む

昨日、反対の数のほうが多いとのことで都構想は否決されました。一言でいうと今の市民、国民はこんな感じ。時代とともに変化していくのが自然だが、変化を極端に嫌う性質にある。しかし、賛成も多かった。有能な人は賛成派の中に多い。先見の明があります。いつまでも変わる ... もっと読む

初めは不確かなもので、メディアは症状や発生や有効な治療方法を報じた。重症化すると大変だ。エクモが必要になる。臨時休校も感染拡大防止のために行われた。飲食業も衰退した。重要なのは重症者を治療できるキャパ。ホリエモンさんがバッシングされていたが、確かに過度に ... もっと読む

経営者にしても、雇われにしても、芸術家にしても自分の能力を最大化することが必要です。働き方も多様化している中で労働時間は様々ですが人生においてお金を得るために費やす時間は多いことには変わりありません。多くの時間を費やすことの中身は上質であるほうが良いと思 ... もっと読む

堀江隆文さんと西野亮廣さんが著した「バカと付き合うな」は素晴らしい本でした。とても参考になり多くの人が考え方を見直すきっかけになった本でした。その上で本日はあえて、バカになれ。です。インテリ層はバカと付き合うなが正解です。しかし一般層ではバカが溢れている ... もっと読む

日々、色々なことがあり色々な人と関わることがあります。理不尽なことは日常茶飯事。勘違いされることもしばしば。「わたしが至らなかった」「わたしの説明が足りなかった」などと振り返り反省することも必要ですが、あなたは十分に頑張っています。その事実を忘れないこと ... もっと読む

なぜテレビ業界は衰退したのか。テレビというハードは家電量販店でたくさん売れています。YouTubeもNetflixも大画面で見られるから。ではなぜNHKや民放を見る人が激減しているのか。巨大な利権を手にしているのにもかかわらず。それはスポンサーが良いと思った番組内容と視聴 ... もっと読む

日本のリーダーが今月決まります。世界のリーダーと参考までに比較していきましょう。近年のGDP順でいきます。アメリカの大統領のトランプ。ニューヨーク州出身の74歳男性。ペンシルベニア大学卒。アメリカ第一主義。中国の国家主席の習近平。北京市生まれの67歳男性。清華大 ... もっと読む

↑このページのトップヘ